Eyesight 1.5 raised in Showa

昭和育ちの楽観的で自虐的な俺には何が見えてるのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傘が大忙し

今日は昼と夜に出掛けたんですが、まあ、どこに行ったかは決まってますが。
奇しくも、出演者が女性がメインand女性だけの舞台。

昼は、腐女子たちの話しでしたが、どの世界にも通ずる事柄でしたね。
空気が悪くなってんだよと言ってるお前が悪くしてんだよ!てな感じで緊張感があった。
今、KYとかそういうのを気にする風潮がありますもんね。

夜は、セットが何も無いとこで、歩みがテーマのひとりの人生を10人が走馬灯のように演じるという、見たこともないものでした。
なのに、ひとりの女性に見えてくるのは不思議。


次の日曜は、雨が降らないで欲しい。
スポンサーサイト

間違えちった

開演時間を1時間も間違えてしまうま。
昨日、確認したはずなのに、なに呆けてんだ。
こんなこと初めてかも知んない。
半分くらいしか観れなかったので、内容は漠然としか分かりません。
でも、亜希さんに癒されて、気分良く買い物して帰りましたとさ。


上田桃子、凱旋優勝ウレシス。

「ひなかの金魚」

金魚という題名と徒歩20分という劇場の近さで、なんとなく観に行っちゃった。
小劇場にグラビアアイドルが出演というのが、流行のようですな。
演技が上手いのか下手なのか分からなくなってしまうま。
ま、客は呼べてるようですがね。
ストーリーは、よくある過去から現在に至るという、お話し。
というが多いな。
しっかし、松本さゆきは驚異的なスタイルの良さだった。
金魚を無性に買いたくなったが、梅雨明けまで待とう、ホトトギス。

「プリマ転生」

日曜日。
ある方が出演されるので、ロリータ男爵を観ました。
また、馬鹿馬鹿しいことを壮大にやってました。
ある方は、いつもの独特なキャラを出さず、動きも軽快で(バレリーナ役なので当然ですが)舞台に溶け込んでました。
とても可愛くはあったのですが、私的には不満でした。
でも、そういうものなんでしょう。

「鮮やかな食卓」

待望のルミちゃん主宰の舞台。
意外なほどサスペンス調で、よかったんじゃないかと思う。
各ストーリーの主役を務めた御三方は、やっぱり上手かった。
脇を固めた方々も、いい味出してました。
さすが、ルミちゃんの選んだメンバーだ。
一番なのは、事件の発端を作ったのが、ルミちゃんだったこと。
欲を言えば、サスペンスでは重苦しい雰囲気になってしまうので、笑いの要素を取り入れてもよかったと思う。
次に期待。

飲みに誘われたようですが、ルミちゃんと随分と話をしてないので、浮いた存在になるのが怖くて(ry
いつも、劇場前で意味無く長いしてしまうので、さらっと帰るつもりでしたし・・・

 | HOME |  »

フリーエリア





リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。